資格を武器に転職するには。

転職と資格
 企業が求める資格とは 
 求職者支援制度
 
  資格の難易度一覧
 
 資格別受験者数・合格者数一覧
 
 
資格でさがす求人情報
法律・労務系資格
IT・情報系資格
語学系資格
不動産・建築・土木系資格
医療・福祉・介護系資格
金融・税務・会計系資格
サービス系/その他資格
 
求人・転職情報の検索
 
職種でさがす求人・転職情報 
 
業種でさがす求人・転職情報 
 
エリアでさがす求人・転職情報
 
 関連サイトリンク
 資格試験最新情報 検索サイト
 
 2015年 資格試験の日程
 
 資格の難易度ランキング
 
 役立つ資格・人気の資格
 
 国家資格の難易度
 
  介護の資格制度が変わります
 



このサイトについて
「転職」というのは、転職市場という特別な取引と考えてよいと思います。転職市場では、求人側は単に頭数だけであったり、資格や経験などを求めてきます。一方、求職側は、資格や若さや経験を武器に売り込みます。その中で取引を成立させる(転職できる)ためには、求人側のニーズに合うと同時に、求職者の中で優位に立つ、ということが必要になります。

従って、転職を考える場合、転職市場で求人側の求めているものが何か(経験か、資格か、潜在能力なのか、単なる頭数なのか)を知ることと、求職側の競合の中で差別化が出来ているか、何で差がついているかを知ることが重要だということがわかります。要は「市場」であるという意識が大切なのです。
転職市場において、他と差別化が出来て武器になるのは、一般的には「経験」ですが、その経験が求人側が求めているスキルでなかったり、勤めていた会社が中小企業であったりした場合には、スキルがスキルと評価されないこともよくあります。

そこで、「資格」を一つの武器に就職や転職を考える場合を考えてみましょう。
”資格を取る”ということは、勉強すれば誰にでもできることなので、競合が多くなりやすい点に注意しなければなりません。この状況は難関資格でもあまり変わりません。以前のように、資格試験の難易度と合格後の職の得やすさが比例していた時代のようには今はいきません。有資格者が少なかった時代は資格で差別化もでき、仕事にも就けましたが今は状況が違うことを認識しなければなりません。

結局、転職・就職活動でも、「資格」があるというだけでは採用の決め手にはならないのです。特殊な業務独占資格でもないかぎり、”その分野に関心がある”、”資格を取る勉強をするだけの努力はできる”くらいの評価にしかなりません。弁護士でさえ就職難がささやかれているのですから、資格に対する過信は禁物であることは認識できると思います。

つまり、考え方としては、今は資格はあって当たり前な時代なので、「資格」だけを武器にしようという戦略は間違いです。しかし、少なくとも有資格者でなければなりません。それも求人側のニーズに合った有資格者であることが最低限の条件と考えるべきでしょう。

こういう考え方をベースにしながら、このサイトでは「企業が求める資格」を調べました。
求職者である貴方は、まず自分を「棚卸」することから始めなければなりません。職務経歴書を書くことをイメージして、自身の仕事に関するスキル、得意分野、成果、仕事の進め方や周囲との良い関係の築き方などの棚卸をしてみて下さい。
それと、転職市場は厳しいですが、社内の転職市場はそんなに厳しくないことが多いので社内にも目を向けておくべきです。社内で新しいプロジェクトの立ち上げがあっても、自分の強みを理解でき早く決断できる人は、決して不利にはならないはずです。
就職・転職に人気の高い資格とは
転職・就職に人気の高い資格の傾向として、特に国家資格では「業務独占資格」です。これはこの資格がなければ業務を行うことが禁止されている資格で、特徴は難易度が高い資格ばかりが並びます。
国家資格以外では、自らの知識やスキルを幅広くアピールできる資格に人気があり、注目度が高いのはコンサルティング系や経営・財務などの事務処理系の資格、それに、IT系で専門知識やスキルの高さをアピールできる資格などに人気があるようです。

◆業務独占資格(例)
・法律/労務系:弁護士 司法書士 行政書士 土地家屋調査士 社会保険労務士など
・税務/会計系:公認会計士 税理士など
・不動産/建築系:不動産鑑定士 建築士 宅地建物取引主任者 測量士など
・医療/介護系:医師 薬剤師 看護師 診療放射線技師 助産師 救急救命士など
・語学系:通訳案内士
・環境/技術系:電気工事士 危険物取扱者 総合無線通信士 公害防止管理者など
・その他:旅行業務取扱管理者 美容師 運行管理者 水先人 航空管制官など
※IT/情報系には「業務独占資格」はありません。
企業が求める資格とは
それに対して、企業側が求める資格は、当然のことながら、そのビジネスに不可欠な知識やスキルが習得できる資格です。 多くの企業が取得を推奨する資格には、TOEICや簿記検定などの共通する資格も多く、それらには受験のサポートや資格手当があったり、採用や昇進の条件にしている企業などもあります。

◆企業が求める資格ランキングベスト10
@建築士  A日商簿記  B宅地建物取引主任者  CTOEIC 
Dインテリアコーディネーター  E社会保険労務士  F基本情報技術者
G実用英語検定  H税理士  I衛生管理者
    
     資格別の詳しい内容はこちらでご覧ください          
        ⇒ 企業が求める資格とは
転職にはどんな資格があれば有効か
就職や転職を目ざす人は、企業の業務内容に合わせた資格を取得しておくと有利であることは間違いないでしょう。 採用時の能力評価で最もてっとり早いのが「資格」であるからです。資格取得者は、資格そのものに加えて、取得のための努力、自己啓発、仕事における前向きな姿勢など様々な点が推測され、人物評価においてもプラスとなります。

ただ、ひと口に「資格」と言ってもジャンルだけでも30以上、資格総数は、 国家資格が1200種類以上、民間資格まで含めると3000種類以上のあるといわれています。
例えば、基本的なパソコンスキルを身につけるための資格ならP検やMOS、日商検定などがあります。また、もっと専門的なパソコン関連資格には、CAD利用技術者試験やオラクルマスターなど、たくさんあります。また、製造関係の企業に就職、転職を希望する人には、電気工事士や危険物取扱者、ボイラー技士などが役立つでしょう。

取得する資格を決めるのに大切なことは、自分は何のために、どのような分野で、どんなスキルを武器として働いていくのかという目的や戦略が先にあり、あくまでそれを実現する手段として資格の取得があるということなのです、その順番を間違えてはいけません。

次に、企業が求める資格とは、どんな資格であるのか、そして自分にとってそれが必要な資格であるかどうかを見極めることが大切になります。
やりたい仕事を見つけ出し、なりたい自分に近づくためには、どんな資格を取得すればよいのか、決めねばなりませんが、自分の目的を実現するために取得しようとする資格が、必ずしも企業の求める資格と合致するとは限りません。 そんな時どうするか・・。

資格の取得で最も大切なことは取った後、それをどう活かすかです。
そんな時は「その資格を取って何をするか?」という視点で考えれば、おのずと答は出てくるはずです。
 
資格を取得する場合、需給のバランスを考えて取得する、という考え方があります。
例えば、公認会計士を例にとると、1990年ころは国全体が貯蓄から投資へ、という時代で試験の合格者も年400人程度であり、仕事の需要もたくさんありました。
今も公認会計士は超難関資格で、超人気資格なので合格者も年約2000人いますが、合格しても仕事はありません。明らかに資格取得者が供給過剰の状態なのです。

そういう観点から、今考えるとしたら、一つは日本とアジアを結び付けるビジネスが盛んになることを考えて、アジアの言語です。それは、英語、中国語に続く第3の「言語」の資格習得でしょう。
また、目をインターネットに向けると、毎日膨大な量のデータが生み出されています。このデータの統計をとり、分析して社会に活かす人材が今求められているのです。
このことから、統計に関する知識とそれを活用する能力が重要視されることを考えると、「統計検定」や「情報処理」などが、まずは目標になるのではないでしょうか。

結局、”こういう職業につきたい”とか、”こういうスキルアップをしたい”など、明確な目的意識と目標があって資格試験を受けることが、自分にとってベストな道になるはずです。こういう観点から、このサイトをご覧いただければ幸いです。

 Copyright (C) 2012 転職と資格 All Rights Reserved