IT・情報系資格を武器に転職するには TOP

転職と資格
 企業が求める資格とは 
 求職者支援制度
 
  資格の難易度
 
 
資格でさがす求人情報
法律・労務系資格
IT・情報系資格
語学系資格
不動産・建築・土木系資格
医療・福祉・介護系資格
金融・税務・会計系資格
サービス系/その他資格
 
求人・転職情報の検索
 
職種でさがす求人・転職情報 
 
業種でさがす求人・転職情報 
 
エリアでさがす求人・転職情報
 
 
 関連サイトリンク
 資格試験最新情報 検索サイト
 
 2015年 資格試験の日程
 
 資格の難易度ランキング
 
 役立つ資格・人気の資格
 
 国家資格の難易度
 
  介護の資格制度が変わります
 
IT系の求人 リクナビNEXT  
 



IT・情報系資格の求人情報
時代によって資格のニーズは変化します。今、人気のある資格でも数年後にはすっかり忘れられる資格もあれば、逆に、注目されていなかった資格が突然、一気に人気になる場合もあります。 一般的にはIT・情報関係の資格のように、これからさらに複雑になっていく社会の手助けとなるような資格に将来性があるものです。ただ、ITの世界は技術の革新を伴う変化がめまぐるしいため、資格を取った後も常に学び続ける努力が必要となります。 
 
MOS
マイクロソフトのoffice製品(Word,Excelなど)を、どれだけ理解し使いこなせるかの知識とスキルを、マイクロソフト社が資格認定する試験制度。特に、パソコンを使って事務系の仕事がしたい人は必ず取得しておきたい資格の一つ。

◆求人のある主な職種と仕事内容    
・企画営業
 仕入れや売り上げ情報入力、商品発注処理、社内外文書作成、商品の在庫管理
・パソコン教室運営スタッフ/インストラクター
 インターネットやメール、Word、Excelなどの講座で受講生を指導
・一般事務/総務
 経理アシスタント、秘書事務、電話応対、一般事務業務等
◆年収
・200万円〜350万円 

◆求人状況(H29.1.01現在)
       「MOS」有資格者の転職・求人件数 
   (例) リクナビNEXT の場合 
         各種オフィスワーク (27件)  
 
ウェブデザイナー
インターネットの世界は日進月歩の勢いで広がっているため、インターネット利用技術や、ウェブページの意匠計画に関する専門的知識、ウェブページの管理運営に関する技能など、Webサイト作成・デザインの能力を持つ人材は、需要に供給が追いつかない状況にあります。そのため、Web関連のスキル所有者は、どこでも引っ張りだこの状況で、将来的にも需要はまだまだ伸びる分野だと考えられます。

◆求人のある主な職種と仕事内容
・Webデザイナー
 ソーシャルゲームのデザイナー、WEBサイト制作、更新・運営、企画など
 会社案内や広告・カタログ・DMの企画と制作等
 ECサイトや通販サイトのデザイン・コンテンツ企画から運用管理
◆年収
・300万円〜400万円 

◆求人状況(H29.1.01現在)
       「ウェブデザイナー」有資格者の転職・求人件数 
 (例) リクナビNEXT の場合 
      Webデザイナー(49件)
      Web制作 (76件)   Webサイト設計・構築 (20件)
 
ネットショップ運営
経済産業省の試算によると、ネットショップの市場規模は拡大の一途をたどっており、10年で5倍以上に成長しています。小売業界全体においても存在感を増し、成長率が3%(2000年)から15%(2010年)と予想されています。
過去実績の成長率から推定すると、予想通り推移する可能性が非常に高くなっているため、厳しい実店舗小売の現状を考えると、ネットショップ開設は今後の必須事項と言わざるを得ない状況にあります。

◆求人のある主な職種と仕事内容
・Webショップクリエーター
 ネットショップ運営スタッフ、商品の受発注業務や顧客データの管理、
・Webディレクター
 Webサイト運用・制作のディレクション/マネージメント業務、店舗運営、顧客管理
・ネットショップスペシャリスト
 電話対応、店舗運営、顧客管理、競合分析、商品の梱包、発送作業等
◆年収
・180万円〜380万円 

◆求人状況(H29.1.01現在)
       「ネットショップ運営」有資格者の転職・求人件数 
 (例) リクナビNEXT の場合 
       ネットショップ運営(5件)
       Webサイト・インターネットサービス (176件)
      
プログラマー
若いうちにプログラマーの仕事に一生懸命取り組んで、将来的には設計、分析などを勉強してSEを目指す、という人が多い分野です。 プログラマーの仕事の範疇も広いですが、将来性があまり期待できない分野から、組込み系のように将来性がある分野までいろいろなので、ステップアップを目指すのが一般的です。学歴よりも経験や資格(何ができるか)が大切になります。  

◆求人のある主な職種と仕事内容
・開発エンジニア     
 ソーシャルゲーム開発・DB設計、システム開発 
・Webデザイナー
 Webサイトのデザイン、ユーザーインターフェースの設計・制作
・ゲームプログラマー
 自社開発オンラインゲームの設計・開発・運用
◆年収
・300万円〜650万円 

◆求人状況(H29.1.01現在)
       「プログラマー」有資格者の転職・求人件数 
 (例) リクナビNEXT の場合 
       SE・プログラマー (65件)   ゲームプログラマー(3件)
                



 Copyright (C)2011転職と資格All Rights Reserved.