法律系資格を武器に転職するには TOP

転職と資格
 企業が求める資格とは 
 求職者支援制度
 
  資格の難易度
 
 
資格を武器にする情報
法律・労務系資格
IT・情報系資格
語学系資格
不動産・建築・土木系資格
医療・福祉・介護系資格
金融・税務・会計系資格
サービス系/その他資格
 
求人・転職情報の検索
 
職種でさがす求人・転職情報 
 
業種でさがす求人・転職情報 
 
エリアでさがす求人・転職情報
 
 関連サイトリンク
 資格試験最新情報 検索サイト
 
 2015年 資格試験の日程
 
 資格の難易度ランキング
 
 役立つ資格・人気の資格
 
 国家資格の難易度
 
  介護の資格制度が変わります
 
 転職なら【DUDA】非公開求人  
 





法律・労務系資格の求人情報
 終身雇用制度が崩れた日本の雇用環境では、会社がいつ倒産、リストラするかわかりません。資格を取得して、独立開業を目指してみるのも一つの手立てかも知れません。法律・労務系資格には「士業」と呼ばれる資格が多いので、取得できれば社会的地位や収入アップなども望めます。ただ、取得は容易ではありませんがチャレンジする価値はあります
 
司法書士
司法書士は女性に人気の資格で、最近特に女性の受験者が増加中です。
主に不動産の登記や会社の登記手続きを行う仕事で、専門性が高く、平均年収も高い。最近は債務整理の分野でも活躍する町の法律家です。

◇資格試験の難易度
  ・超難関 S (合格まで5年以上かかることも珍しくない
  ・平成25年度試験結果 
   合格率3.5%(出願27,400名 受験者数22,494名 合格者数796名) 
◇現状と動向
  司法書士会員数21,124 数は安定している。
  登記業務以外に、簡裁の訴訟代理業もでき、仕事は今後ますます重要になる。

◆求人のある主な職種と仕事内容
・企業法務担当
 契約書の審査/作成、コーポレートガバナンス体制の構築、訴訟・法的紛争対応など
・法務担当
 登記と裁判業務、不動産売買決済、簡易裁判所出廷、法律相談など
・人事労務担当
 中途採用 研修、株主総会実務、固定資産管理・重要文書・契約書管理など
◆年収
・500万円〜800万円
◆仕事に必要な資格・経験や求められる能力など
・司法書士試験に合格すること。又は、裁判所書記官や法務事務官などの職務に一定年数以上従事し、法務大臣の認可を受けること。
・宅建や土地家屋調査士の資格を併せて取得していれば仕事上では効果がある。
・語学力があれば尚可
        
◆求人状況(H29.1.01現在)
       「司法書士」有資格者の転職・求人件数 
 (例) リクナビNEXT の場合 
        司法書士 (38件)    司法書士事務(6件)
        
行政書士
法律系国家資格の中では、試験の難易度も司法書士などより低く、きちんと勉強すれば比較的取得しやすい資格です。ただ、業務の幅が広く、どの分野で仕事をして専門家になるかによって収入にもかなり差が出ますが、ある一定の分野のスペシャリストになれれば、開業も夢ではありません。

◇資格試験の難易度
  ・難関 A 
  ・平成25年度試験結果 
   合格率10.1%(出願70,896名 受験者数55,436名 合格者数5,597名) 
◇現状と動向
  比較的低資本で独立・開業は可能ですが、新規開業にはかなりの営業力と努力が必要。女性の細かな気配りが活かせる仕事でもあり、自主独立志向の強い人で司法職を目標にしている人には適している。
  行政事務の増大に伴い、事務依頼の件数は毎年増加の傾向がある。
  登録している行政書士会個人会員数452,177名。

◆求人のある主な職種と仕事内容
・法務担当
 許可申請、経営事項審査申請、会社設立、役員変更等の書類作成など
◆年収
・500万円〜700万円
◆仕事に必要な資格・経験や求められる能力など
・行政書士国家試験に合格後、日本行政書士会連合会に登録申請をする。各都道府県の行政書士会に入会することが必要。

◆求人状況(H29.1.01現在)
       「行政書士」有資格者の転職・求人件数 
 (例) リクナビNEXT の場合 
        行政書士 (36件)     行政書士事務所(4件)
                
 
社会保険労務士
社会保険労務士は人事や労務のエキスパート、比較的女性に向いている仕事です。仕事は主に、社会保険関連の手続き、そして労働関連の相談・指導業務です。 開業もしやすく、本人の実力と努力次第で、年収も大きく期待できる国家資格です。
また、企業からの求人数ランキングでは毎年No10以内にランク入りしている常連資格です。
◇資格試験の難易度
  ・難関 A (受験者の増加に伴い、試験は軟化傾向にある)
  ・平成25年度試験結果 
   合格率5.4%(出願63,640名 受験者数49,292名 合格者数2,666名) 
◇現状と動向
  超高齢社会の到来により、これからは需要が増すものと思われる。中でも、年金に関する業務の重要性が高まり、仕事が広がりをみせてきている。生活設計に関する相談など、コンサルタントとしての重要な役割を担う。

◆求人のある主な職種と仕事内容
・総務・経理担当
 社会保険等の手続書類作成・役所への届出・就業規則作成・給与計算
・総務・人事担当
 研修講師、顧問企業の相談対応、労務管理コンサルティング業務全般
◆年収
・450万円〜600万円
◆仕事に必要な資格・経験や求められる能力など
・まず社会保険労務士試験に合格すること。それ以外に労働社会保険関係事務に2年以上の実務経験が資格の条件になっている。
社労士事務所などで実務経験を積むか、全国社会保険労務士会が主催する認定講習を受講する。 
・社労士として開業する場合は、試験合格後、都道府県社労士会に入会する。    

◆求人状況(H29.1.01現在)
       「社会保険労務士」有資格者の転職・求人件数 
 (例) リクナビNEXT の場合 
        社会保険労務士 (50件)  労務管理士 (174件)
中小企業診断士
仕事は、主に中小企業の抱える問題や課題を解決するためにサポートをすることです。日本では企業の99%が中小企業なので、潜在的な仕事量は期待できますが、中小企業の抱える問題や課題は、さまざまで仕事内容も多岐に渡ります。中小企業診断士としての自分の専門分野の確立が重要になります。

◇資格試験の難易度
  ・難関 A 
  ・平成25年度試験結果 
   合格率%(出願名 受験者数名 合格者数名) 
◇現状と動向
  



◆求人のある主な職種と仕事内容    
・経営/戦略コンサルタント
 経営コンサルティング全般、経営計画策定支援、業績管理制度構築・運用支援など
・マネジャー候補
 企業再生支援、中期経営計画策定支援、業務改革・改善等 
◆年収
・450万円〜700万円 
◆仕事に必要な資格・経験や求められる能力など

◆求人状況(H29.1.01現在)
       「中小企業診断士」有資格者の転職・求人件数 
 (例) リクナビNEXT の場合 
        中小企業診断士 (16件)   中小企業コンサルタント(104件)
      
 
経営コンサルタント/経営企画 
経営コンサルタントは、主に企業や組織など、依頼主の要望に応じて調査・分析により問題を発見し、その原因を追及し、その問題の解決策を企画し勧告します。さらに提案内容を実施してもらい、効果が上がらなくてはなりません。結局、仕事は経営コンサルタントが不要な企業づくりに協力する専門家ということになります。
日本では、各種の国家資格所持者が本来の業務を核としその周辺業務にも手を広げ、「経営コンサルタント」として業務を行っている場合が多いようです。
        ※「経営コンサルタント」という資格はありません。

◆求人のある主な職種と仕事内容   
・経営企画担当
 経営戦略の立案 ・市場、競合の動向分析 ・経営計画、 新規事業企画など
・経営コンサルタント
 人事諸制度の改革、業務改革、労務管理 、資金調達相談、組織改革・再編等
◆年収
・450万円〜800万円 
         
◆求人状況(H29.1.01現在)
       「経営コンサルタント/経営企画」有資格者の転職・求人件数 
 (例) リクナビNEXT の場合 
        経営コンサルタント(39件)  経営戦略、経営企画 (104件)
        業界分析、マクロ経済分析、マーケット分析 (7件)
衛生管理者
衛生管理者は労働安全衛生法という法律により、常時50人以上の従業員を使用している事業所では設置が義務付けられていることもあり、就職には考慮されやすい資格です。また、今も資格所有者の絶対数が不足していると言われる資格の一つで、求人も規模の大きな企業が多く就職先として安定しているところが魅力です 。

◆求人のある主な職種と仕事内容    
・総務担当(管理職)
 店舗運営全般、人件費管理、人材育成、販促のプランニング、販売戦略計画等
・総務担当
 総務業務全般、安全衛生委員会の事務局全般、定款、就業規則等の見直し等   
◆年収
・450万円〜550万円 

◆求人状況(H29.1.01現在)
       「衛生管理者」有資格者の転職・求人件数
  (例) リクナビNEXT の場合 
        衛生管理者(19件)     安全衛生(52件)
        衛生管理(137件)
           
 
通関士
法律により、通関業者は一定の通関士を置かなければならないとされていますので、需要が減ることもない上に、さらに最近では規制緩和の影響等で個人輸入などが増えている事もあり、将来性のある資格と言えます。
また、求人数ランキングでは毎年15位以内にランク入りしている資格の一つです。

◆求人のある主な職種と仕事内容      
・貿易/物流スタッフ
 貿易事務業務、出入庫・在庫・輸送の管理・改善全般
・物流企画担当
 国内輸送ダイヤ、海外物流計画作成、予算の管理、請求管理、業務分析等
・貿易営業スタッフ
 部品・資材の営業及び輸出入業務全般、契約・輸出入実務・決済等
◆年収
・350万円〜550万円

◆求人状況(H29.1.01現在)
       「通関士」有資格者の転職・求人件数 
 (例) リクナビNEXT の場合 
        通関士 (14件)     通関業(31件)
            



 Copyright (C) 2011 転職と資格All Rights Reserved.